エステ,クーリングオフ,仕方

クーリングオフと中途解約の通知での注意点

まず、エステなどでクーリングオフを通知する際の注意点があります。クーリングオフは書面による通知が条件で、内容証明や書留などで送ること。そして、違約金や損害賠償等は支払う必要がないこと。クーリングオフ期間は契約書面受領日から8日間と決められています。 そして、中途解約を通知する際の注意点もあります。 まず、解約料の上限が定められています。エステ契約解除がサービス開始前(クーリングオフ期間は経過したがまだエステサービスを受けていない)だと、通常必要とする費用の額(初期費用)2万円です。 そして、エステ契約解除がサービス開始後(すでに何回かエステサービスを受けている場合)だと、初期費用の具体的な内容が明示されていたら初期費用、既にエステサービスを受けた分の費用、2万円又は、契約残金(エステサービス総額−既に受けた金額)の10%いずれか低い額で、以上3つの総額になります。 一方、関連商品の解約料ですが、健康食品(医薬品を除く) 化粧品、石けん(医薬品を除く)、下着類、脱毛器・美顔器等の機器では、関連商品を返還しない場合は関連商品の販売価格に相当する額、引き渡されていない場合は契約の締結及び履行のために通常要する費用の額、返還した場合は上の2つのどちらか高い額で、関連商品の通常の使用料に相当する額、関連商品の販売価格に相当する額からその関連商品の返還されたときにおける価格を引いた額になります。