エステ,クーリングオフ,仕方

関連商品もクーリングオフ対象に

もしエステでクーリングオフ、中途解約したい場合、その関連商品も契約した前に戻す、要するに同時に解約できます。ただ、自分の意志で消耗品を使用してしまうとその使った商品は返品できなくなって買い取りになりますので注意が必要です。 一方、自分の意志なので業者が勧誘時に商品説明のために使った場合、自分の意志で使用したことにはなりませんので、解約することができません。 ただし、法律上では、エステ契約は残しておきたい場合、関連商品だけを解約することはできませんので注意。 例えば、エステの関連商品というと、サプリメントなどの健康食品(医薬品を除く)、化粧品、石けん(医薬品を除く)、浴用剤、下着類、美顔器、脱毛器などの器具となります。 しっかり覚えておきたいのは、エステなどの契約を解除したい場合、クーリングオフを利用すると契約を解除できるだけではなく、関連商品も自分の意思で使っていなければすべて返品してそれらの費用もまた戻ってくる、ということです。また、クーリングオフの期間が過ぎても中途解約で全額とまではいかなくとも多少の返金はあるかもしれないので、決して泣き寝入りせずに、最寄りの消費者センターに相談することを強くおすすめします。