エステ,クーリングオフ,仕方

法律上の「特定継続的役務」って?

エステはクーリングオフにおいて「特定継続的役務」にあてはまります。正式な役務名称はエステティックサロン、そして契約期間は1ヶ月を超える期間、契約金額は5万円を超える金額です。以上が法定上でのエステティックサロンの定義です。 そして、男女問わず、人の皮膚を清潔にしたり美しくしたりして体型を整える、またはやせるための施術を行うことをさします。例えば、美顔、痩身、脱毛などが該当します。一方で、植毛、増毛はこれには該当しません。 まず、契約期間についてですが、エステなどでの契約書には「サービス期間」、「契約期間」、「有効期限」、「役務提供期間」などと記載されているのが通例。そして、チケット制や会員権制の期間について有効期限のあるものに関しては、有効期限内はいつでもサービスを受けることが可能であるので、その有効期限をもってサービス提供期間と見なされます。一方、有効期限のないものについては、いつでも使用可能なので常に基準期間以上であると見なされるのを覚えておきましょう。 契約金額についてですが、エステの施術料だけでなく入会金、サプリメント、化粧品などの関連商品もあればその金額も含んだすべての額になります。これらがすべてクーリングオフでは保証されます。