エステ,クーリングオフ,仕方

エステでクーリングオフ・中途解約

ダイエットや脱毛、美容などのエステでクーリングオフや中途解約を行うケースはけっこう多いです。ただし、もしクーリングオフをするのであれば、一定の要件に当てはまることが必要です。 例えば、エステだと雑誌やチラシ、インターネットなどを見て、クーポンや無料体験を利用するために行った場合、友達の紹介などで利用するケースなどいろいろあるはず。   クーリングオフが適用されるケースとしては、エステでは特定継続的役務(1ヶ月を超える契約期間で5万円を超える契約金額)、キャッチセールスなどの不意打ち的な契約、契約書にクーリングオフできる内容の記載がある場合などが主に挙げられます。 以上にあげた項目のうち、いずれかに当てはまる場合、クーリングオフを行使することができます。その中でも、長期の高額契約である「特定継続的役務」についてクーリングオフを行うケースがけっこうあるようです。ちなみに、特定継続的役務(とくていけいぞくてきえきむ)とは、長期間継続し利用しても個人差などによって必ずしも効果が出るとは限らないサービスを法で定めたもの。エステティックなどを行うサロンもこれにしっかりとあてはまります。