エステ,クーリングオフ,仕方

クーリングオフができない場合

エステの契約を解除するためにクーリングオフをしようとしたらできなかったというケースもあります。 もしクーリングオフできない場合、クーリングオフできないことがわかった時点であきらめられるでしょう。このケースだと、あらかじめクーリングオフ通知を出した行動が無駄になってしまいます。しかし、クーリングオフができるのによくわからないからとクーリングオフ通知を出さなかった場合の失敗の方が悔やんでも悔やみきれないはず。 また、クーリングオフできないのにクーリングオフ通知を出した場合、悪い行為なのかというとそうでもありませんので、気にしなくて大丈夫だと思います。ただ、エステ業者との関係が多少気まずくなるかもしれません。 それでも、エステ業者によって、クーリングオフできない場合でもクーリングオフ通知が届くと解約に応じてくれる場合もあります。解約料が必要になることもありますが、そう言った場合でも、クーリングオフ通知を出しておいて損はありません。 一方、クーリングオフ通知を出してもまったくできないケースもあります。たとえば、架空請求、出会い系・アダルトサイトなどをはじめ、相手が自分の身元、個人情報を知らない場合です。