エステ,クーリングオフ,仕方

クーリングオフは即行動がカギ

エステなどでクーリングオフ制度を利用するなら、即行動することが大事です。 もし、契約してしまった内容に迷いがあれば、とりあえずいったんクーリングオフした後で再度、契約すればいいと思います。まず迷ったなら、クーリングオフすることをおすすめします。即行動しないとクーリングオフできなくなる場合も。 もしかして、エステの担当者がいい人だったこともありますし、自分で納得して契約したかもしれません。でも、迷うならキャンセルするべき。疑念や諦めを持ったまま契約を続けていても、なにも楽しくないでしょう。 また、もし分割払いの契約なら、お金をずっと払い続ける必要があります。まだクーリングオフの期間内ならば即行動してしまいましょう。逆に、クーリングオフ期間をいったん過ぎてしまった場合、キャンセルはともかく、お金を取り戻すのはかなり難しいのが現実。ただ、クーリングオフできなくてもなんらかの解決方法があることもあります。たとえば、契約書をもらっていなかったり、エステ業者から渡された契約書の記載に不備があったり、勧誘方法が法律違反だったり。 とりあえず、念のために消費者センターや、消費者問題に詳しい弁護士や行政書士らにまずはなんでも相談してみることを強くおすすめします。