エステ,クーリングオフ,仕方

クーリングオフによくある誤解

エステなどをクーリングオフする際に、よくある「誤解」があります。例えば、自分で勝手にクーリングオフできないと決め付けてしまうことです。少しでもよくわかない場合、専門家に相談しましょう。行政書士の無料相談を利用するのも手です。 また、契約してしまった解除するのは悪いことだと自分に言い聞かせてしまうこと。自己嫌悪に陥って動くことができないまま、クーリングオフの期限が過ぎてしまってはいけません。クーリングオフは時間勝負です。いち早く頭を切り替えて動く必要があります。 そして、自分が納得して契約したのだから諦めようと思うこと。確かに、契約したのは自分です。しかし、エステ業者に騙されてしまったかもしれません。どちらにしろ、不要なら一切の契約を解除できるクーリングオフの制度があるので利用しないにこしたことありません。 さらに、クーリングオフしたら販売担当者に申し訳ないと思ってしまうこと。すごく仲のいい人同士ならともかく、ビジネスの話に遠慮は無用。また、クーリングオフして業者に文句を言われたら怖いと思ってしまう人もいますが、不安なら専門家に依頼しましょう。 クーリングオフはなにも悪い行動ではなく、法律で保障されています。悩むだけ時間の無駄、すぐ行動しましょう。