エステ,クーリングオフ,仕方

クーリングオフ制度の条件

例えば、エステでクーリングオフの制度を利用しようとした時、ある一定の条件があります。この条件に適応しないとクーリングオフ制度を利用することはできませんので注意が必要です。 まず、エステティックサロンの場合、契約金額が5万円を超えていてかつ契約期間が1ヶ月を超えるものであるという条件が存在します。そして、法定の契約書面が交付されてから8日以内のものが、クーリングオフ期間です。 もし、クーリングオフが成立した場合は、たとえ契約を結んでいたとしても最初からなにもなかった状態になります。あとですぐ後悔してもまだセーフ、というわけです。 一方、クーリングオフで得られる効果ですが、すでに支払った代金については全額返金されます。そして、もし化粧品や健康食品などの商品を受け取っている場合、相手側の負担で商品を引き取ってもらえます。ただし、自分の意思で開封、もしくは使用してしまったものは原則的に不可となります。さらに、損害賠償や違約金を支払う必要はありません。エステ業者の中には、中途解約の違約金などを請求するケースがありますが、この点については原則、支払いの義務はないので関係機関にぜひとも相談することをおすすめします。