エステ,クーリングオフ,仕方

クーリングオフ代行は「信用」が一番

もし、エステ体験でその場のノリで契約して後日、解約したいとします。もし、条件が当てはまればクーリングオフの制度が利用できます。とはいえ、いきなり素人がクーリングオフといってもなかなか難しいもの。そこで便利なのが、行政書士によるクーリングオフの代行です。 インターネット上には、クーリングオフの代行をPRするホームページを見かけます。しかしその中で、自分の身元を隠しているかのような事務所も。例えば、電話番号しか見当たらなかったり、素性がまったくわからなかったり。もし実際に依頼する時、顔はもちろんのこと、住所も名前もわからない人に果たして依頼できるでしょうか。 また、クーリングオフ代行の料金表もしかり。料金表からさらにクレジット会社への通知代、また別の追加料が発生したり、たとえ掲載されていてもちゃんとした料金表でなかったりといった可能性もあります。ホームページを見て少しでも不安を覚えたならば、クーリングオフの代行を頼まないほうが無難です。 どのケースにも言えることですが、自分が依頼するならば「信用」できるかが一番。自宅から近いから、知り合いからの紹介だから、などで妥協するのではなく、信用できる行政書士に頼みましょう。